ラウゲンブロート

今日はドイツのパン『ラウゲンブロート』の紹介です。
ラウゲンとはアルカリ液の事で、焼く前にアルカリ性のお湯で茹でてから焼きます。

ラウゲンブロート1

こちらが焼く前。アルカリ液で茹でた後です。
これが焼成後・・・
ラウゲンブロート2
こんな風に色が付きます。クープは長めにしっかり入れるのがコツです。
化学反応によるもので、本来は苛性ソーダを使うそうですが劇物なので
家庭では安全で手軽な重曹と塩を入れたお湯で茹でます。
同じ製法のプレッツェルが有名ですが、ツルッとした表面と中のもっちり感と
塩気がなんとも言えない美味しさです。
いつかレッスンでもやってみたいです



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

regoichigo

Author:regoichigo
ご訪問ありがとうございます。
東京都葛飾区高砂の自宅でパンとお菓子の教室『FIKAの時間』をやっています。
レッスンスケジュールとご予約はこちら↓
料理教室検索クスパ
【資格・経験】
✻ABCクッキングスタジオブレッド・ケーキライセンス取得
✻ライセンス取得後、辻調製パンコース通信講座修了
✻韓国5年間在住中に友人や知り合いの方を対象に自宅でパン教室を開催していたのが教室開業のキッカケです。
✻食品衛生責任者資格有り
教室ホームページ http://fikatime
メールアドレス reaymade_fun@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR